南機場夜市:慶城燒臘店 ~1/23まで 烤鴨飯・玫瑰油雞腿飯など60元 ☆美味しいご飯を食べるならここ!3月2日すでに閉店

昨年6月中旬に南機場夜市に開店した慶城燒臘店 。

ここは私もよく行くお店でもあり、友人が台湾に来たら紹介したいお店。(夜市のご飯が苦手な友人でもここで食事してから、一緒に夜市の雰囲気を楽しめます)

店内も清潔で、テイクアウトでも当日のスープが無料でついてきます。
(味噌汁 トマトと白菜のスープ チキンスープなど)

~1月23日まで 出血大サービス! 60元

烤鴨飯

60元

(通常 70元)

 

 

玫瑰油雞腿飯

60元

(通常 70元)

 

 

 

骨付近の赤みが苦手。
お肉は美味しいけど、この部分はよけて食べます。
(基本的にステーキでもしっかり焼いてもらう派)

 

台湾の鶏は骨ごとカットされます。(やや食べにくい)
お肉の味はどれも保証します。

台湾の骨付き肉の調理方法は、どうやら骨の部分に赤味が残るようです。

スープ(大根、人参、豆もやし、とうもろこし)

 

 

ほかにも去年の12月までは下の雞腿飯が60元(通常 70元)でした。
こちらの見た目は地味な茶色ですが、お肉は毎回安定した美味しさ☆☆☆


副菜の味付けは微妙な時もありますが、お値段と調理方法を考えるとかなりお得です。

 

食べたいものが浮かばず、大まかに鶏か豚肉が食べたいときはここへ来ます。(多いときは週1の割合で通うほど!)

 

◎豚肉を食べたいときはこの2つ!

叉燒飯: 「叉燒」日本で言えば「チャーシュー」。 値段は 70元!
予想外に美味しかった。これもまた食べる予定です。
中華料理で使われる八角などの香辛料もなく、日本人には食べやすい味。


焼肉飯
他に比べるとちょっと高く90元しますが、食べる価値あり‼!
シンプルに塩味なのに皮部分がカリッと焼いてあり、ご飯が進む!

副菜のおかずは常時6~8種類の中から3種類選びます。
おかずは時々、日本人好みでない味付けもありますが値段を考えればお買い得!(繰り返してすみません)

気さくな女性店員のおすすめは初めて食べるなら85元の「慶城四寶飯」。
1度に4種類食べられるので、色んな種類を少しずつ楽しみたいかた、次回がっつりどれを食べるか決めたいかたに!

★テイクアウトするときの注意★
他店に比べて米粒が小さい品種。冷めきってしまうと、ご飯は美味しくないです。温かいうちにお召し上がりください。
また、弁当の底から副菜やソースの水分がにじみ出てしまうことがあるので、下にトレイなどを敷いたほうが安全です。

 

◎過年・チャイニーズイヤー(年末年始)の営業

1月23日営業

1月24~26日 休み

1月27日 夜のみ営業

1月28日 夜のみ営業

1月29日 通常営業

※日曜定休

台湾の物価が値上がりする中で、1月23日まで60元~(通常でも70元~)しっかり食事ができるお店はなかなかありません。

またこちらのお店はこの値段から、かえって食材や調理方法のクオリティーが心配になると思いますが、メインのお肉の調理技術は高いと思います。

商品も注文を受けてから、それぞれお肉をカットして温かいご飯の上に載せてくれます。
副菜も冷凍食品ではなく旬の野菜を使って常時6~8種類の中から選べます。

疑いたくなりそうなお値段ですが、ぜひ一度お試しください。

台湾で1人暮らしをされているかたにはおすすめです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

追記
残念ながら、こちらのお店閉店していました。
新型肺炎や寸借詐欺で南機場夜市へ出かけていないうちに閉店していました。友人にも紹介したいお店だったので残念です。

 

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *